中二階

CONCEPT余白のある家で、しあわせの時間を描く

中二階部屋にしては小さくて、隙間にしては大きい。
1階と2階のあいだにある家の余白にしあわせの時間を描こう。
様々な機能や目的を当てはめて部屋ができる。隙間は物置きとして活用される。
そうした部屋と隙間が集まって家ができる。
これまで家には「なにもない」空間はありませんでした。
わたしたちが提案するのは1階と2階のあいだに、余白のある家。
部屋でも隙間でもない、その空間には「なにもない」があります。
どんな時間を描くかは、みんなの自由。家族と映画を観る時間、仲間と日本酒を楽しむ時間、1人で考えるための時間。余白には暮らしを楽しむ秘密がありました。

POINTお好みに合わせたカスタマイズ中二階は収納や子供部屋、茶室にするなど使い方はアイデア次第。ひとりで楽しむ秘密基地のような使い方から、みんなで集まるような憩いの空間まで、それぞれの「欲しい空間」を一緒にご提案させていただきます。

高天井から生まれるメリット1階のリビングの天井は中二階を挟むことで、高く設定され部屋を広く感じさせます。
また、高天井の特徴として、梁をだしたデザインのある空間が生まれます。

太陽を感じる明るい空間高天井によって窓を高くとれるため十分に採光が可能になります。
窓の数も多く取れることで、太陽を感じる明るい部屋の設計ができます。

メニュー