省令準耐火構造【標準仕様】

火災・地震に強くて、保険料が半額になる安心・安全・お得な家創り

省令準耐火構造【標準仕様】3つの特徴で、火災から家族の命を守る

外部からの延焼防止 周囲で火事が起こった際、隣家から火をもらいにくい構造。
各室防火 天井と壁に防火措置を施し、家の柱などの構造部分に火が広がりにくい構造。火元の部屋から一定時間火を広げないようになっているため、避難や早めの消火がしやすくなる。
他室への延焼遅延 火元の部屋から他の部屋へ火が燃え移っても、炎の広がりを遅らせることができる構造。

火災保険料が約半額省令準耐火構造とは火災が起きた際の「火」が燃え移るのを防止して、避難や消火活動のための時間を稼ぐ構造のことをいいます。

火災保険は火災のリスクによって値段が変動するのですが、省令準耐火構造をとることで、木造であっても燃え広がるリスクが抑えられることから割引があります。

火災保険料の比較(秋田市の場合)

木造住宅省令準耐火建物
建物2,000万円2,000万円
家財300万円300万円
地震保険1,000万円・150万円1,000万円・150万円
保険料(5年間)222,280109,580

価格は秋田市の場合です。資産状態、条例により異なります。


家創り一覧へもどる

メニュー